メインイメージ画像

問題の解決方法

家族が亡くなった時、遺産を相続する人間が数人いるときは分ける方法に骨を折ることでしょう。相続トラブルを起こしやすいのは、財産が分けづらかったり、家族間で不公平感が生じるケースです。それではどんなトラブルパターンがことさら多いのでしょう。トップ3はこちらです。まず、財産が建物しかなくて分割が困難の場合です。金銭のようにすぐに処分したり分割できないのでもめる元になります。

次は数人いる相続人のうちの誰かが両親の面倒をみていた時。これは同居の事実は問題ないです。そして被相続人が離婚しており、前妻の子どもと後妻の子両方がいるケースです。前後の妻に関わらず、その子どもたちに法律上の違いはありません。こういう形にあてはまる場合は慎重に考えましょう。

相続のトラブルを弁護士にお願いする事になると、以降問題解決に向けて大変なことになってしまうとお考えの方が多いですが、その逆です。

弁護士に依頼すると、こういったトラブルに豊富な経験のある人の知恵が加わり、問題点が解りやすくなり比較的すんなりと解決出来る事が多いのです。必要な法手続き等も弁護士が代わってしてくれるので、自分でするよりもとても効率的です。依頼人は弁護士に指示された一定の書類等を準備すれば良く後はスムーズな解決に運びます。加えて、弁護士に依頼する手続きも状況を説明した上で弁護士が用意する契約書類にサインするだけで完了しますので、安心です。料金についての説明もこの契約を結ぶ際にしっかりとしてもらいましょう。